理想的なサイトマップ

重要な働き

サイトマップはサイト内のページのリンクを
分かりやすくまとめたページで、検索ユーザーや
検索エンジンの双方にサイトの内容を開示する
役割を果たします。

サイトマップにはseo対策の上で重要な働きがあり、
検索エンジンのクローラーの巡回性に大きく影響します。

また、インデックに表示される速さも影響を受けるので、
seo対策の効率化には、サイトマップの適切な構築が
不可欠になるわけです。

特にサイトやブログを始めた当初は、インデックスを
早めることは、来訪者を増やす近道の一つだと言えます。

サイトマップには、サイトユーザーのためのものと
クローラー等の検索エンジン用の2つのタイプがあります。

サイトユーザー用のサイトマップの形式はHTMLで、
検索エンジン用の場合はXML形式となります。

たどり着ける

HTMLサイトマップは、サイト内のページの数が
多くなった場合に、利用者が目的のコンテンツを
見つけやすいように表示する役割があります。

加えて、クローラーとしても、これを利用して
クロールされていないページ辿り着けることがあるわけです。

それ故、seo対策としてもサイトマップを
設置することが大事になると言えます。

一方、XMLの場合は主にクローラー対策となり、
検索エンジンにサイトのページを全て開示する
役割を持っています。

XMLサイトマップのseo対策の一番の目的としては、
通常の検索エンジンのクローリングでは辿り着けない
ページを伝えることです。

特に、新しくページを追加した際には、
それを送信することで、迅速にインデックス化できるわけです。